instagram
082-569-8255
キャンセルポリシー
生涯健康で美しい歯でいられるように
院内

小児矯正

子どものうちに矯正することでしか
得られないメリットがあります

小児矯正とは、永久歯に全て生え変わってからでなく、乳歯がまだ残っている段階から始める矯正治療のことをいいます。

矯正治療というと、永久歯が揃ってからでないとできない、という風に思われていることがありますが、決してそういうことはありません。

むしろ、「永久歯に全て生え変わる前」という、成長が盛んな段階で矯正治療を行うことにより得られるメリットが大きいため、お子さんの段階から矯正治療をした方が良いケースでは積極的に小児矯正をおすすめしています。

小児矯正って普通の矯正とどこが違うの?

小児矯正

小児矯正
小児矯正は体の成長発育が盛んな子どもの時期に行います。この時期は、あごの骨の成長発育も旺盛ですので、そのことを利用し、あごの正常な発育を促しながら、歯を健全な位置に並ぶように導いていくことができます。つまり、あごの骨格を悪くしないようにしながら、歯並びやかみ合わせを作り上げていくことができます。

普通の矯正(成人矯正)

小児矯正
永久歯が揃ってから行う普通の矯正(成人矯正)は、すでにあごの成長が止まった段階から行いますので、あごの骨格が悪くなってしまったものを矯正治療で治すことはできません。歯並びやかみ合わせを整えることはできますが、すでに出来上がった骨格の範疇で並べないといけないため、どこかの歯を抜いて(間引いて)並べなければならない、というケースがとても多くなります。
つまり、骨格の成長をコントロールできる小児矯正は、健康な歯を抜歯せずに行える可能性も高くなりますので、成人矯正よりもより健康的に矯正をすることができると言えるでしょう。

小児矯正のよいところ

より健康的・理想的な仕上がりにできる!

小児矯正は、歯の位置を正しい位置に導きながら、骨格の健全な成長を促せますので、より健康的で理想的、そして見た目の良い仕上がりになります。成人矯正の場合だと、あごの成長は終わっているので、矯正治療のみであごの形まで変えることはできません。

きれいな歯並びを保ちやすい

歯並びを悪くする大きな原因として、お口周りのくせ(指しゃぶり、唇を噛む癖、口呼吸、頬杖など)があります。小児矯正では、歯並びを悪くするような癖を直しつつ、歯並びをきれいに保てるような筋肉トレーニングも行いますので、ずっときれいな歯並びを保ちやすくなります。

歯がスムーズに動く!

矯正治療には痛いというイメージがあるかもしれませんが、子どもは骨がやわらかいので、歯がスムーズに動きやすく、痛みも感じにくいのが特徴です。

シンプルな装置で矯正できる!

小児矯正では、取り外し式の装置や、簡単な装置を主に使用しますので、お子さんがストレスを感じずに矯正ができます。

抜歯や手術をせずにすむ
可能性が高くなる!

多くの成人矯正の場合、歯が並びきらないところは、健康な歯を間引いて(抜いて)並べる必要があります。ですが、小児矯正の場合は、生え変わりとともに、歯が並ぶスペースを作りながら並べていくので、抜歯しなくてもすむ可能性が高くなります。

また、下あごが大きく前に出ているような、骨格に問題があるケースを矯正する場合、大人になってからだと、あごの骨を切る手術が必要になりますが、子供のうちから骨の成長をコントロールすることで、手術の可能性を低くできます。

当院で行なっている小児矯正

子どもの時期の健全なあごの成長、健全なかみ合わせや歯並びを作り上げることは、将来のお口の健康や体の健康の基礎となるものです。

当院では、お子様のお口の健康を守ることで、一生涯歯を健康に保てるよう、健康的な生活が送れるようなお手伝いをしていきたいと考えています。

当院で行なっている小児矯正装置の例をいくつかご紹介します。

■MFT(エムエフティー:口腔筋機能療法)
歯並びというのは、お口周囲の筋肉のバランスによって作りあげられていきます。MFTは、日頃の癖や間違った習慣によって崩れてしまった筋肉バランスを正常な状態に戻す筋肉の訓練です。これを行うことにより、歯並びやかみ合わせが改善していき、きれいな歯並びを保ちやすくなります。

■急速拡大装置
上あごの歯並びの幅を横方向に広げる固定式の装置です。歯並びの幅を広げるので、永久歯がきれいに並びやすくなります。また、鼻腔を広げる効果もあり、鼻呼吸がしやすくなることで、鼻づまりや喘息の改善効果もあるとされています。

■リンガルアーチ
歯並びの内側に装着する固定式の装置です。前歯のかみ合わせが反対になっている場合や、他の装置の補助装置として使用します。

■アクチバトール
取り外し式の装置で、骨格に合わせて、上あご、下あごの成長促進や抑制をするなど、バランスの良い骨格に導くための矯正装置です。

  1. 一般歯科
  2. 予防歯科
  3. 歯周病
  4. インプラント
  5. ホワイトニング
  6. 審美歯科
  7. 口元のエイジングケア
  8. 矯正歯科
  9. マウスピース矯正
  10. インビザライン
  11. 小児矯正
  12. 根管治療
  13. 再生療法
  14. スポーツマウスピース
  15. インビザラインGO