広島市中区新天地 レイラニデンタルサロン
広島市安佐北区 アネラデンタルクリニック
Invisalignインビザライン®

よくあるご質問

インビザラインのマウスピースは1日に何時間つけるのですか?
最低1日20時間以上装着する必要があります
インビザライン治療で矯正治療効果を出すためには、最低1日20時間以上装着していただく必要があります。決められた装着時間に満たない場合、歯が計画通りに動かなくなる可能性があるのでご注意ください。基本的には、食事と歯磨きの時以外はずっとつけていただくとお考えください。
インビザラインは保険がききませんか?
他の矯正治療と同様、自費診療となります
通常の歯並びの改善を目的とする矯正治療は、日本においては保険がきかないため自費診療となります。例外的に、骨格の異常が大きな場合には、「顎変形症」という病名で保険の治療対象になることがありますが、インビザラインでは適用されません。ただし、矯正治療は医療費控除の対象となるため、確定申告により負担を軽くすることは可能です。
インビザラインのマウスピースをつけていてもちゃんと発音できますか?
最初は発音しにくくても、次第に慣れて問題なく発音できるようになります
インビザラインのマウスピースは非常に薄いのですが、歯全体を覆うため、最初の頃は多少発音しづらさを感じられることがあります。ですが、すぐに慣れて普通どおり発音できるようになりますので、ご安心ください。実際に接客業の方やアナウンサーなどの方でもインビザライン治療を行っている方は多くいらっしゃいます。
治療期間が多少延びてもいいので、装着時間を短くすることはできますか?
1日20時間以上つけられない場合には、固定式の治療をおすすめします
インビザラインのマウスピースは、1日にトータル20時間以上つけないと、治療効果が十分に現れません。もし、事情があってそれが難しい場合には、歯に装置を固定するワイヤー矯正をおすすめします。
差し歯や詰め物が入っているのですが、インビザライン治療はできますか?
問題ありません
インビザラインのマウスピースは、全体的に歯を覆っていますので、差し歯や被せ物、詰め物が入っていても邪魔になることはありません。そのため、治療は問題なく行うことができます。
ただし、ブリッジ、入れ歯、入れ歯の場合には、その部分を動かすことはできないため、別途ご相談させていただきます。
旅行に行くんですが、その期間だけインビザラインをお休みしても大丈夫ですか?
旅行中でも治療は通常通り行ってください
インビザラインのマウスピースは毎日決められた時間装着していただく必要があります。マウスピースを外したままの状態が数日続くと、せっかく動いていた歯が動かなくなるだけではなく、元の位置に戻ろうとしてしまったり、違う方向に動いてしまったりする恐れもあります。そうすると、製作したマウスピースが合わなくなってしまい、作り直しをしなければならなくなる可能性があります。インビザラインは目立ちませんし、食事の邪魔になることもありませんので、旅行中も通常通り、変わらず装着をお願いします。
前歯だけ気になるので、インビザラインGOで治療できますか?
ドクターがお口の状態を確認させていただいた上で、インビザラインかインビザラインGOのどちらが適しているかをお伝えします
患者様が前歯だけ気になっている場合であっても、実際には全体的な歯並びや噛み合わせに問題がある場合があります。そのような場合には、前歯対象のインビザラインGOでは対処することができません。
きちんと診査、診断をした上で、噛み合わせや全体的な歯並びに問題がないと判断されれば、短期間で前歯の歯並び治療ができるインビザラインGOをおすすめします。症例によってはインビザラインよりワイヤー矯正がいい場合もあります。お口の状態を見てお伝えさせて頂きます。