広島市中区新天地 レイラニデンタルサロン
広島市安佐北区 アネラデンタルクリニック
Invisalignインビザライン®

メリット・デメリット

メリット・デメリット
従来の矯正治療のデメリットの多くを克服する インビザライン

インビザラインは、これまでの矯正治療にはなかった新しいスタイル、そして新技術により、かつての矯正治療のデメリットとも言える「目立つ」、「生活が不便になる」といった様々な点を解決できるようになりました。

これまでの矯正治療に抵抗のあった方でも、インビザラインなら気持ちよく矯正治療が受けられ、また良い歯並び・噛み合わせになることで、これからの人生にとってもきっと多くの良い効果が期待できることでしょう。

ただし、どんな治療にも必ずデメリットがあるように、インビザラインにもデメリットはあります。
治療を受ける前には、メリットだけでなく、デメリットもきちんと理解し、十分に納得した上で治療を決めることが大切です。

インビザラインのメリット

治療に向いている方
見た目を気にせず治療ができる
インビザラインのマウスピースは、薄く透明なので、つけていても目立ちません。また、装置によって口元が膨らむということもないため、見た目を悪くすることなく治療を進めていくことができます。そのため、接客業やアナウンサーなどの方にも大変人気があります。
違和感が少ない
インビザラインのマウスピースは、従来のようなゴツゴツした装置を使わず、薄くて表面が滑らかな、歯にフィットするマウスピース型ですので、装着していても違和感がかなり少なめです。
生活が不便にならない
インビザラインのマウスピースは取り外し式です。お食事をする際や、歯磨きをする際には外していただきますので、装置が邪魔になって困る、というようなことはありません。外食の時でも、見た目や食べにくさを我慢する必要はもうありません。
痛みを感じにくい
インビザラインのマウスピースは、従来のワイヤー矯正のような金属のゴツゴツがありませんので、口の中を刺激したり傷つけたりするリスクがありません。また、矯正治療の際にはつきものの「歯が動く際の痛み」に関しても、歯に負担をなるべくかけずに動かせる工夫がなされているため、かなり少なめだと多くの矯正歯科医より報告されています。
歯に優しい
マウスピースを外して歯磨きができますので、磨き残しのせいで虫歯や歯周病のリスクが高まることがありません。また、歯にできるだけ優しい力で効率よく動かせるように設計されていますので、無理な力がかかって歯を傷めることもありません。
金属を使用しない
インビザライン治療では、ワイヤー矯正とは違って一切金属を使用しません。そのため、金属アレルギーがある方、もしくは心配な方にとっても安心です。
通院の手間が少ない
インビザラインは、患者様が定期的にマウスピースを交換することで治療が進んでいくシステムです。そのため、従来の矯正治療に比べて通院頻度が少なくて済みます。また、通院の際も、従来のような装置の交換や調整ということを行う必要がないので、診療時間も短めです。装置の脱落や破損といったトラブルもないので、そのための急な通院が必要になることもありません。
あらかじめ治療期間がわかる
インビザライン独自のシミュレーションソフトにより、治療中に歯が移動する様子や最終的なイメージを治療前にご確認していただくことができます。また、治療期間もほぼ正確にわかるので、将来の見通しがたちやすく、便利です。

インビザラインのデメリット

デメリット
ご自身での管理ができないとうまくいかない
インビザラインの大きなメリットとして、「取り外しができる」という点がありますが、外せることが逆にデメリットとなってしまうことがあります。マウスピースの装置は、外していると当然全く歯に力がかかりませんので、外している時間が長くなってしまうと歯が動かない、もしくは後戻りをしてしまう、ということになってしまいます。そのため、インビザラインの治療を行うにあたっては、ご自分でしっかりと1日に決められた装着時間を守っていただけることが条件となります。
どんな症例にでも対応できるわけではない
インビザラインは進化をし続けている矯正システムであり、過去に比べると治療できる範囲が大きく広がってきています。ですが、やはり限界があり、例えば上下の骨のアンバランスが大きすぎる場合や、骨の変形が大きい場合、歯を多く動かさなければならないケースに関しては対応できないことがあります。インビザライン治療が可能かどうかの判断は、事前に十分診査をした上で、ドクターよりお伝えします。