広島市中区新天地 レイラニデンタルサロン
広島市安佐北区 アネラデンタルクリニック
Clinic profile医院紹介

治療の流れ

治療の流れ
無駄がない、ストレスフリーな治療ステップ

インビザラインは、新しいデジタル技術を使った、これまでにない新しい形の矯正システムです。

従来のワイヤー矯正は、ステップの一つ一つが手作業であるため、より治療に時間がかかる、より労力を必要とする、そして、治療の予測がつきづらい、といったことが避けられませんでした。ですが、インビザラインなら、デジタル技術を随所に用いることで、より精密で予測性の高い治療が可能となり、時間やエネルギーの無駄が大幅に省かれ、ストレスフリーに治療が進められるようになりました。

インビザラインの実際の治療の流れ

初診・カウンセリング
歯並びのお悩み、ご要望などについてお伺いします。実際にお口の中を確認させていただき、インビザラインが可能そうかどうかのおおよその診断、可能な場合には予測される治療期間、だいたいの治療費用についてご説明いたします。
また、他の矯正法の選択肢についても同様にご提案させていただきます。
精密検査
お口の健康状態チェック(歯や歯茎の状態)、噛み合わせ、歯並びの状態チェック、各種レントゲン撮影、お口の内部、お顔の写真撮影などを行います。
精密検査の結果をもとに、あらためて治療方針や治療にかかる費用、治療にかかる期間などについてお話しいたします。
虫歯・歯周病の治療、歯のクリーニング
もし、虫歯や歯周病がある場合、矯正治療の前に必要に応じてそちらの治療を行っておきます。抜歯の必要がある場合にも事前に行っておきます。また、インビザラインのマウスピースの型取りをする前に、歯をきれいにクリーニングしておきます。
マウスピースの型取り

インビザライン治療に必要なマウスピースの型取りを行います。当院では、光学デジタルスキャナーの「iTero」を使い、歯をスキャンするだけで苦しい思いをすることなく、短時間で精密な型を取ることができます。

スキャンの記録はすぐにデータ化され、ドクターが治療計画を作成します。そして型取りデータと治療計画をインビザラインの本社へオンラインで送付します。

治療シミュレーションの確認
治療計画に基づいたシミュレーションを画面上で患者様にご確認いただきます。治療中に歯が動く様子、最終的なイメージを見ていただき、同意をいただければ、マウスピースの製作を発注します。ここで、治療にかかる正確な治療期間も知ることができます。
治療開始
発注したマウスピースは3Dプリンターにより一度に全て作製されます。マウスピースが歯科医院に届いたら、治療開始です。取扱方法、注意事項などをご説明し、早速開始していただきます。
治療期間
4週間〜6週間くらいの間隔で通院していただき、治療の進み具合の確認、必要な処置を行います。全てのマウスピースの装着が終われば、治療は終了です。

保定期間
インビザライン終了後は、歯並びの後戻り現象を防ぐため、保定装置(リテーナー)を一定期間装着していただき、数ヶ月ごとに問題がないかのチェックを行います。
より理想に近づける為にマウスピースを作る場合も追加料金はかかりません。

インビザラインの治療期間はどのくらい?
インビザラインの治療期間はどのくらい

インビザラインの治療期間は、通常、一般のワイヤー矯正の場合とほぼ同じくらいです。症例によっても違いがありますが、一般的にだいたい1〜3年くらいが目安となります。通院回数に関しては、ワイヤー矯正と比べて少なめとなります。前歯だけのちょっとした歯並び不正の場合には、インビザラインGOで治療が可能なことがあり、その場合だと数ヶ月で治療を終わらせることができます。

ただし、インビザラインは毎日決められた時間装着しなければ治療期間が延びてしまうことがあるので、予定通り進めていくためには、ご自身でしっかりと管理していただく必要があります。