instagram
082-569-8255
キャンセルポリシー
電話番号 082-569-8255
instagram
生涯健康で美しい歯でいられるように
院内

オールオン4

オールオン4

オールオン4
総入れ歯が合わない方、歯がボロボロで噛めない方に、負担を抑えたインプラント

歯を全て失って総入れ歯にしたが、どうもうまく噛めない・・
歯がボロボロで噛むところがない・・
こんなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
全体的に歯を失った場合に噛めるようにする方法としては、ほとんどのケースで入れ歯を入れる治療法を行いますが、どうしても入れ歯がなじまない方がいらっしゃいます。そのような場合、通常のインプラントだと、かなりのお体の負担、費用の負担がかかってしまいますし、歯が固定されるまで何ヶ月も待たなければなりません。

でも、オールオン4なら、少なめのインプラントの埋め込み本数で、全体的に噛める固定の歯を短期間で入れることができます。

オールオン4とは

オールオン4とは
少ないインプラントで、短期で固定式の歯が入れられるインプラント
オールオン4は、インプラント治療の一種で、歯がなくなった顎に、片顎4本(骨の状態によっては6本)のインプラントを埋め込んで、そのインプラントで全体的に歯を支えて見た目や噛む機能が回復できる治療法です。
早ければインプラントを埋める手術と同時に固定式の仮歯を入れることが可能で、手術したその日から簡単なお食事をとっていただくこともできます。(骨の状態によっては3〜4ヶ月後に仮歯の装着となる場合もありますが、通常のインプラントと比べるとかなり早めです)
オールオン4は、固定式で動いたり外れたりすることがありませんので、総入れ歯を入れて合わないという方も、歯が全体的にボロボロで噛めない、という方でも、早期にお悩みが解決できる可能性があります。

オールオン4の治療期間

オールオン4でかかる治療期間の目安は、大体半年程度です。ですが、インプラントを埋めた後、短期間で固定式の仮歯を入れることができますので、実際に歯がなくて不便に感じる期間というのはほとんど、もしくは全くないと言っていいでしょう。

従来のインプラント方法では、骨が足りない部分には別途骨を増やす手術が必要で、骨の定着までにさらに数ヶ月待つ必要がありました。ですが、オールオン4の場合には、骨を増やす必要がないため、そう言った意味でも治療期間を短くすることができます。

オールオン4の治療の流れ

1.検査・診断レントゲンやCT撮影を行い、お口の状態の検査を行い、治療計画を立てます。
2.インプラント手術・仮歯の装着インプラントを顎の骨に埋め込む手術を行います。早ければ当日に仮歯を固定します。
3.最終的な歯の型取り数ヶ月後に最終的な人工歯の型取りを行います。
4.人工歯セット美しい人工歯がセットされ、治療は完了です。

オールオン4のメリット・デメリット

メリット

  • 1.早期に歯を固定できる
    オールオン4では、早くてその日のうちに仮歯を固定することができます。
  • 2.お体への負担、費用の負担が少ない
    インプラント本数が少なくて済むので、お体への負担はもちろん、費用も抑えることができます。
  • 3.お手入れがしやすい
    インプラントの本数が少なく、清掃しやすい形態なので、お手入れの面倒さもありません。
  • 4.骨を増やす手術がほとんど必要ない
    骨が少なくてもインプラントが可能なシステムですので、骨を増やす手術が必要になることがほとんどありません。

デメリット

  • 1.保険がきかない
    オールオン4は、通常のインプラント治療と比べると費用は抑えられますが、保険がききませんので、保険の入れ歯治療と比べると費用は高額になります。
  • 2.インプラントを埋め込む手術が必要
    オールオン4では、インプラントを埋め込む手術が必要です。そのため、健康状態によっては治療を受けられない場合があります。