• お電話でのお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ

抜歯即日埋入

抜歯即日埋入
抜歯とインプラント埋入を同時に行い、治療期間を短く、心身の負担を軽減
「ダメになった歯を抜いて、その後にインプラントを行う場合、一般的な方法では、抜歯をした後に傷口の治りを数ヶ月待ち、落ち着いたらインプラントを埋める、という手順で行います。
ですが、骨の状態などの条件によっては、抜歯をして同日にインプラントを埋める「抜歯即日埋入」という方法が可能な場合があります。
抜歯即日埋入なら、手術の回数を一回にすることができるので、心理的にも身体的にも楽ですし、早くインプラントを入れることが可能です。
このように、抜歯即日埋入は多くのメリットがあるため、当院では、適応症の患者様には抜歯即時埋入で行うインプラントをご提案させていただいております。

こんな方におすすめ

  1. できるだけ手術回数を少なくしたい
  2. 治療期間を短くしたい
  3. 抜歯後に骨が痩せるのをできるだけ避けたい

抜歯即日埋入の適応症

抜歯即日埋入が可能になる適応症として、次のようなケースが挙げられます。
  1. 骨の吸収があまり起こっていない
  2. 重度の歯周病、根の病巣をもった歯が近くにない
  3. 噛み合わせが安定している
  4. 歯ぎしり、食いしばりがない
  5. タバコを吸わない

抜歯即日埋入のメリット

治療が早く終わる

通常のインプラント方法の場合、抜歯後に骨が治るまで数ヶ月の期間を置きますが、抜歯後すぐにインプラントを行う抜歯即日埋入の場合、抜歯と同時にインプラントを埋めますので、治療期間を半分、もしくはそれ以下の期間で歯を入れることができます。

抜歯とインプラントを同時にできるので楽

抜歯時の麻酔が効いているうちにインプラントを埋め込むことができますし、インプラントを埋めるために再度手術をする必要がないので、精神的にも身体的にも楽です。

手術後の痛みや腫れを少なくできる

抜歯をするのと同時に、抜いた部分にインプラントを埋めますので、あらためて歯茎を切開、剥離する必要がなく、骨もそれほど削る必要がないので術後の痛みや腫れを抑えられます。

見た目をきれいに仕上げることができる

歯を抜いた後というのは、月日が経つにつれて骨が吸収するため、歯茎の位置もそれに伴って下がっていきます。抜歯をした直後にインプラントを埋めることで、骨の吸収をできるだけ起こさないようにすることができるので、歯茎も下がらず、見た目が美しく仕上がりやすくなります。

抜歯即日埋入のデメリット

適応症例が限られる

抜歯即日埋入は、骨の量が十分にあること、抜く歯の周囲に歯周病などの感染源がないこと、歯ぎしりなどがないこと、といった条件に当てはまらないと行うことができません。

治療できる医院が限られる

抜歯即日埋入は、通常のインプラントよりも注意すべきことが多く、高度な技術を必要としますので、治療が受けられる歯科医院が限られます。

抜歯即時埋入の流れ

1.抜歯後、インプラントを埋入

インプラント手術

残せなくなった歯を抜歯し、その穴にインプラントを埋入します。麻酔がしっかりときいた状態で行いますので、痛みを感じることはありません。手術は通常、大体1〜2時間程度で終わります。

2.骨補填材を入れ、仮歯の装着

骨補填材を入れ、仮歯の装着

抜歯をした穴とインプラントの間の隙間を埋めて安定させるため、骨補填材を入れて歯茎を閉じます。必要に応じて、仮歯の装着も行います。

3.人工歯装着

人工歯装着

骨とインプラントがしっかりと結合するまで数ヶ月置き、歯肉の状態も落ち着いたらセラミックの人工歯を装着して治療完了です。