instagram
082-569-8255
キャンセルポリシー
生涯健康で美しい歯でいられるように
院内

全治療でマイクロスコープを駆使

歯を残すための精密根管治療
(マイクロエンド)

マイクロスコープによる「精密根管治療」で、歯の寿命を延ばせます

虫歯が神経に達してしまった時、根の病気になってしまった時、根管治療(根の治療)を適切に行うことで、歯を抜かずに残すことができるようになります。
最近ではインプラントが盛んになってきていることもあり、しっかりと根管治療をすれば残せる歯であっても、安易に抜歯されている傾向があります。ですが、いくら質の良いインプラントだからと言って、天然の歯に勝るものはありません。
また、根の治療を行っても、それがきちんと行われていなければ、結局は再度悪くなり、痛みを繰り返したり、抜歯を早めたりしてしまいます。
根管治療は、歯を長く持たせるために最も重要で、正しく行われなければなりません。
当院では、精密な根管治療を行うことで、できるだけご自分の歯を長く使っていただけるよう、最大限の手を尽くします。

根管治療とは

マイクロスコープ

マイクロスコープを使った精密根管治療を行うことで、根の内部をしっかりと見ながら治療ができます

根管治療は、

・虫歯が大きくなって神経に達してしまった時
・根の内部がばい菌で汚染されてしまった時
・根の先端に膿が溜まってしまった時

というような場合に行う、根の内部の治療です。
歯根が病的な状態になっているのを放置していると、確実に歯はダメになってしまいます。また、たとえ治療したとしても、治療が適切でなくて悪い状態が続くと、延々と治療が長引いたり、結果的に抜歯になることもあります。でも、根管治療が適切に、精密に行われれば、歯は救われ、長く持たせることも十分に可能になります。

歯科治療の中でも難しい治療
根管治療は、数ある歯科治療の中でも、特に難しい治療として知られています。その理由として、
■根管の形が枝分かれ、網目状になっているなど、複雑な場合がある
■根の内部という、肉眼では見えない位置を治療しなければならない

ということが挙げられます。

成功率が低い保険の根管治療
マイクロスコープ

通常、保険治療で行われている根管治療は、レントゲンの平面的な画像を見ながら、根の内部に器具を入れて、根の内部を想像しながら手探りで行うという、術者の勘に頼った不確実な方法です。

そのような理由もあり、保険の根管治療の成功率は50%にも満たないと言われています。根管治療がきちんと行われていない状態の歯に、どんなに上等なセラミックを被せても、結局は根の状態が再度悪化すれば、セラミックの歯が無駄になってしまいます。

ですが、マイクロスコープを使った精密根管治療を行うことで、根の内部をしっかりと見ながら治療できるようになり、この成功率を大幅にアップさせることができるのです。

このような理由から、アメリカで根のトラブルが起きた場合には、専門医が精密根管治療を行うことが当たり前になっています。

精密根管治療と保険の根管治療の違い

精密根管治療(マイクロエンド)

歯根の形をCT画像で正確に把握し、根管の内部に細菌が入り込まないような無菌的環境で、マイクロスコープで根の内部を見ながら治療を行います。
保険治療の縛りがありませんので、使用できる材料や治療法も、新しくより良いものを使用することができ、じっくりと時間をかけた精密で、良質の治療が受けられます。
そのため、再発しにくく、歯をより長持ちさせることができます。

保険の根管治療(一般的な根管治療)

レントゲンで歯根の平面像で根の形を想像し、無菌的な環境ではない状態で、手探りで器具を根管内部に入れて操作する、という術者の勘や経験に頼った不確実な治療となります。
保険治療の縛りがあるため、治療法や材料が限られており、最低限の治療しか受けられず、再発を起こすことも少なくありません。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

マイクロスコープ

歯根というのは、歯の土台部分です。家を建てて長持ちさせるためには、しっかりとした土台が欠かせないように、歯の土台部分にもしっかりと手間をかけて、出来るだけよい状態にしておくことが大切です。

根の治療をしっかりと行なってこそ、美しいセラミックを入れる価値が出てくるのです。当院では、体に害のない、できるだけ体に優しい材料や薬剤を使用するなど、トータルな全身の健康面まで考えた治療を行なっております。

  1. 高濃度ビタミン点滴
  2. サプリメント外来
  3. 自費補綴修復メタルフリー治療例
  4. 金属アレルギーなど口腔内の金属の影響
  5. 自費歯周治療プログラム
  6. 会員制メンテナンス
  7. 歯を残すための根管治療
  8. マイクロスコープと肉眼治療の違い